ミラドライでニオイを断つ~切らない美容施術で簡単ケア~

女性

臭いの悩み

医者

エチケット対策

日本人はキレイ好きの人が多いため、不潔っぽい外見の人は、人に悪いイメージを持たれてしまいがちです。たとえ見た目が薄汚れていたとしても、中身には絶対的な自信があると言う人がたまにいますが、迅速性が重視される現代社会では、第一印象で相手の心をとらえることがとても重要です。のんびりと時間をかけて相手のことを理解している暇などないという人が少なくありませんので、相手に良い印象を持ってもらえるような外見に整えておく必要があります。その際に注意すべきなのが臭いの問題です。わきがなどの臭いは、自分ではなかなか気づきにくいものですが、他人は敏感に気づきます。直接的に臭いの問題を指摘すると相手に恥をかかせてしまうことになりますので、臭いをストレートに指摘する人は滅多にいませんが、知らず知らずのうちに距離を置かれてしまいます。ですので、わきがの対策がとても重要になってきます。わきがは手術で治療することができますから、自分がわきがだという自覚がある人は手術の利用を検討してみるとよいです。今後、社会の清潔志向はさらに強まっていきますので、わきが手術を受ける人が増加するだろうと予想されています。

治療の行い方

わきがの手術は、皮膚科や形成外科、美容外科などで受けることができます。昔は脇の下の皮膚を汗腺ごと大きく切除してしまう手術が行なわれていましたが、今そのような方法で手術している医療機関はほとんど存在していません。改めて言うまでもないことですが、切除する皮膚の量が多ければ多いほど、大きな手術痕が残ることになります。たとえ臭いの発生を抑えることができるようになったとしても、今度は醜い傷跡の悩みを抱え込んでしまうことになりますので、治療を受ける意味が半減してしまいます。そのため、最近では、皮膚自体は切除せずに、肌に少しだけメスを入れて皮膚をひっくり返し、汗腺だけを剪除する手術が行われるようになっています。これは、直視下剪除法という名前の手術なのですが、肌に大きな傷跡が残る心配がない方法であるため、多くの患者がこの方法で治療を受けています。