ミラドライでニオイを断つ~切らない美容施術で簡単ケア~

女性

術後臭とは

わき

改善の流れ

人に相談することが難しい悩みとしてわきが・多汗症があります。わきが・多汗症は、アポクリン腺とエクリン腺の剥離手術を行うことで、劇的に改善することが可能です。ただし、わきが・多汗症手術は「術後臭」に注意する必要があります。医学的に完全に実証されていない「術後臭」ですが、わきが手術を受けた人の多くが悩まされている症状とも言われます。術後臭とは、手術後に起こる独特のニオイのことです。術後臭は、わきのアポクリン腺を切除したことによって、(わきを含む)残されたアポクリン腺を活性化させてしまうのが原因と言われています。手術によって全てのアポクリン腺を取り除くのは難しいこと、わきが体質の人は他の部位のアポクリン腺量も多いことから、術後臭に悩まされることがあるようです。

完璧主義を捨てること

術後臭の難点は、手術前よりも強いニオイを発生する場合があるということです。例えば、完璧主義的な性格の人は、ニオイを完全に消し去ろうと考えます。しかし、わきが体質の人がニオイを完全に消し去ることは難しいばかりか、考えれば考えるほどニオイを強めるのがアポクリン腺の特徴です。そのような理由から、自己臭恐怖の人には、実際に強いニオイを発している人もいます。わきが・多汗症の手術を受ける場合は、術後臭について十分に調べる必要がある他、完璧主義的な考えに陥らないように注意する必要があります。あくまでも、ニオイを軽減させる目的で手術を行うようにしましょう。また術後に万が一自己臭恐怖症に陥った場合は、すぐに心療内科を受診するようにしましょう。