ミラドライでニオイを断つ~切らない美容施術で簡単ケア~

医者

臭いの悩み

医者

わきがの臭いがあると、人から避けられてしまうようになる可能性が高いです。臭いのために人付き合いに支障が出てしまうのは残念ですから、医療機関を受診して手術を受けるようにした方がよいです。現在行なわれているわきが手術は、大きな傷跡が残る心配がない方法です。

View Detail

脇や手足の汗の悩み解消法

脇

多汗症は、全身に汗が出る全身性多汗症と体の一部に汗が出る局所性多汗症に分けられます。局所性は、脇や手のひら、足の裏に大量の汗が出ます。治療は塩化アルミニウムの塗布、ボツリヌス注射、電流を流して汗を抑える方法、交感神経遮断術などがあります。

View Detail

術後臭とは

わき

わきが・多汗症の手術は、術後臭に注意する必要があります。術後臭とは、アポクリン腺・エクリン腺切除後に発生する独特のニオイで、残されたアポクリン腺が活性化するのが原因と言われています。術後臭によって、手術前よりもニオイを強めてしまうケースがあるので、手術を受ける前には慎重に検討する必要があります。

View Detail

美容外科のワキガの治療

先生

人気のあるワキガの治療法

医学の進歩によって、美容外科では切らずにワキガや多汗症を治療できるようになっている。ミラドライは切らずにワキガや多汗症を治せる最新の治療法で、傷跡が残らないことから人気が高まっている。ミラドライはマイクロ波を脇に照射して、アポクリン腺やエクリン腺の機能を低下させる。臭いの元になるアポクリン腺とエクリン腺の機能が低下することによって、ワキガや多汗症を根本的に治療することが可能になる。ミラドライは一時的にワキガの臭いを消臭するのではなく、ワキガや多汗症を完治できることが人気の要因になっている。ミラドライはダウンタイムも短く、日常生活に支障が出ることはない。治療は1時間程度で終わり、施術中の痛みはほとんどない。

ワキガの改善のテクニック

ワキガを改善するには、デオドラントクリームを使用すると、一時的にワキガの臭いを消すことができる。しかし、デオドラントクリームには永続的な消臭効果はなく、ワキガや多汗症を完治させるには、美容外科などのクリニックで治療を受けることが必要になる。美容外科では脇の汗腺を外科手術で摘出することによって、ワキガや多汗症の治療を行っていた。最新の治療法では外科手術をせずにワキガや多汗症を治すことが可能になっている。ミラドライは最新のワキガの治療法で、マイクロ波を照射する医療機器を使ってワキガや多汗症を治療する。ミラドライはメスで肌を切ることはないので、出血をすることはない。治療後は傷が出来ないので傷跡が残る心配もない。